はっちのYouTube編集後記

どこまでもマイペースに、 ときどきゴーイングマイウェイに。 360度の視野を持って。

【DIY】空き缶でリメ缶作り(後編)


【DIY】空き缶でリメ缶作り(後編)

 

御無沙汰しております。

後編をアップしてから時間がたってしまいましたが、編集後記です。

 

今回は缶のデコレーションだったのですが、手元に余っていた

転写シールを使いたくて、ALL転写シールでのデコとなりました(汗)

 

これをアップした後に、FBのお友達がリメ缶に自分でイラストを描いている

のをみて「すごいなぁ!」と思ったのを覚えています。

 

次は私も絵を描くことに挑戦したいと思います。

 

 

 

さて、大体の事は前編

 

hach365-360.hatenablog.com

 

にて書いたのでこのへんで今回のお話は終わりにしようと思います。

 

 

 

ここからは、YouTuberとしての私なりの考えを書こうと思います。

 

あくまでも私個人の考え方ですし、特定の人を悪く言ったりしているつもりはありませんので、ご理解いただいた上でお読みください。

 

 

最近、10代、20代の若い人たちがどんどん動画投稿して短期間で再生回数が

伸びたり、登録者数が増えてファンが出来たりしています。

 

 

私も、その年代のころに「有名になりたい」という願望が強い子だったので

そういう気持ちは十分わかります。

 

 

今こうしてYouTubeに動画投稿を始めたのも、そのころにかなえられなかった

夢を実現したかったからです。

 

 

出来れば顔出しして投稿もしたいところですがニュースで何か事件が起きると被害者・加害者の顔写真が「SNSより」引用されたり、有名YouTuberにいたっては自宅を特定されたりといろいろリスクもあります。

 

 

事務所などに所属している人たちはそこで何らかの対応をしてくれるとは思いますが

私は、無所属ですし一般の会社員として仕事をして「趣味」として動画投稿を

しています。

 

「再生回数が増えたらいいな」「チャンネル登録者数が増えたらいいな」

という願望は少なからずありますが、それよりも自分が好きなことを生きている

ということを形にして残したいのです。

 

その好きな事・やりたかった事の中に動画撮影/写真撮影がありました。

今この瞬間を生きている自分は今この瞬間の私の目でしか見れないのです。

 

自分が好きな事を堂々と表現できる場がネットという世界でしかないのは

私が人見知りなのと、軽い人間不信だからです。

 

ずっと狭いコミュニティに属して生きてきた私にとってありのままの自分を

さらけ出せる場所ブログやYoutubeでした。

 

いつかまた、人生の大きな壁にぶち当たったときにそれを振り返って「あー、こんな

時もあったな。よしまた頑張ろう」と思えるきっかけにしたいのです。

 

一方通行な自己表現であることは重々承知していますが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

堅苦しい文章となり申し訳御ざいません。

 

今後ともhach gardenをよろしくお願いいたします。